ブログトップ

Fleur de Aciu.

fleuraciu.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

草原のブーケロン

d0169261_11475895.jpg
「結婚のお祝いに花束をプレゼントしたいのですが、ちょっと変わった感じで…。」と頂いたご注文のお電話。
「変わった感じって、どんな感じでしょう?」とお尋ねすると、
「コロンと小さくて丸くてカワイイ形の…。」というお返事をいただきました。

私の大好きなブーケロン♪
市場でビビビッときたラナンキュラスのギャロス(名前がなんだか・・・。笑)をメインに、草原で摘み取ったようなイメージの爽やか系ブーケロンを束ねさせていただきました。
d0169261_11591850.jpg
お客様からよくいただく言葉に「ここの花束は、普通とは違うから…。」と言うのがあります。
そのたびに「特別なことは意識していなくて、好きなお花を普通に束ねているのですけれど、普通の花束ってどんなのですかね?」と会話することがしばしば。

もちろん、お花選びやお色のチョイスには私なりのこだわりはもっているつもりですが、そのこだわりが何かしら普通と違うという感覚でお客様に伝わっているとしたら、本当に嬉しいことです。

先ほどのご注文のお電話から考えると、変わった感じ(普通と違う)というのは、小さくて丸いブーケロンタイプという意味も含まれているのかな。。。と感じました。

確かに、私の思い込みかもしれませんが(今まで花屋に勤務していた頃を思い出すと)お客様がご注文を下さる際によく耳にした言葉は「ボリュームを出して」「豪華に見えるように」というのが多かったように思います。
つまりは、お得感を求めている感じ。そして、作り手もそこを意識していたように思います。

しかしながら、ブーケロンの女王(笑)を目指す私は、アチュウをオープンしてからボリュームはなくても素敵なブーケを知っていただけたらと思ってきたのは確かで、初めてのお客様が「お任せで。」とご注文を下さった際にはイメージと異なってはいけないので「あまり大きくなくてもキュッと詰まった感じでも構いませんか?」とおうかがいしています。
そのせいか、アチュウへのご注文で「ボリュームを出して」「豪華に見えるように」といったお言葉をいただくことがほとんどなくなりました。
むしろ「小さくても…」というお言葉の方が多いように思います。
d0169261_14142018.jpg
都会や雑誌の中では当たり前のスタイルでも、実物を見る機会が少ない地方において旬なお花をお届けできるようにアンテナをピンと張っていこう!と思える嬉しいご注文でした。

どうしよう?2月が本当に逃げて行っちゃったぁ~~~(><)
只今、帳面格闘中(汗)

  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-28 14:26 | fleur | Trackback | Comments(0)

THE プリザ職人(^^)

d0169261_1059323.jpg
この季節は、お祝いや記念の品にとプリザーブドアレンジのご注文を頂くことが多くなります。

実は、私、プリザーブドフラワーについて習ったことがないのです。
アチュウをオープンしてから、あれよあれよ(笑)という間にご注文を頂く機会が増えて、お作りしているうちに出来上がったのが今のスタイルなのです。

もう何千個お作りしたのでしょうか?
その一つ一つが私にとっての学びであり、お客様にお勉強をさせていただいているというこの状況に本当に感謝なのです。
だから、自分自身が心地よくない仕上がりのモノはNGだと思っています。

守りたい決め事も必要だし、進化していくことも必要だとも思っています。

先日、初めて仕入れたメーカーさんの普段手にしないお色のピンクでアレンジをお作りしました。
「ご結婚のお祝いに可愛らしく。」と頂いたご注文に新たな挑戦☆と思ってお作りしたアレンジ。(奥にぼんやりと写っているもの。^^;)
d0169261_11115120.jpg
どうしてもしっくりとこなくて、もうひとつ作り直しました。(手前のもの)

独学でお作りしているからこそ、この感覚だけは大切にしたいと思っています。

そんな、課題を残したアレンジを見てご来店下さったお客様が「カワイイね!」なんて言って下さり、正直に経緯をお話した上でご購入くださると申し出てくださったので格安でお譲りさせて頂きました。

お作りしているときには、しっかりと愛情を注いだので、出来の悪いわが子を嫁にもらってくださったような感覚でした。(^^)

そのお客様とご一緒にご来店下さった方からも、「アチュウさんは、陶芸家みたいですね~。」
「この壷の焼きあがりは気に入らない。と、投げて割ってしまうような。。。」とおっしゃいました。
流石に、不出来でも愛情はあるので、投げたりは致しません(笑)

こだわりは大切に、もっと感覚を磨きながら、お待たせしない技術の向上にも努めなければいけませんね。
もっともっと頑張りますので、見捨てずに見守ってやっていただければと思います。

お花のネタではないほうが、ポイント数が高いという最近のアチュウのブログ。。。(笑)
今日は面白さに欠けたのでこんな感じでいかがでしょう?

   ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-27 11:39 | preserved | Trackback | Comments(0)

重なり

d0169261_11222553.jpg
私は、どんなお花にも限らず花びらの数の多いお花が好きです。
硬い蕾だったお花が、ふわりと咲いている姿を見ると幸せを感じます。

ダリアに、バラに、ラナンキュラス。
仕入れたときには小さい蕾だったけれど、見事に開花。
お祝いの気持ちと共にお届けさせていただきました。

春は始まりの季節。
一歩前に進もうと張り切る姿も素敵です。

私自身、最近何か前進しただろうか?と考えて思い付いたのが、ゆで卵が上手に作れるようになりました。殻だって上手く向けるように。笑。
(ちなみに主婦暦、もうすぐ20年。いや、もうちょっと先か?汗。)
一応、働く主婦ですので手抜き料理は得意(というほどでもないか。)なのですが、品数を増やす為に「温泉たまご」をよく作ります。
そして最近増えたレパートリーが、保存のきく「煮たまご」。
けれども、この「煮たまご」って、黄身がとろ~りとしているのが美味しさのカギなのですが、雑に作ると固すぎたり、柔らかすぎて殻をむきにくかったり…最初は、随分と悪戦苦闘しました。
でもね、最近コツを掴んじゃったんですよね~(笑)確実な一歩前進です!

結局、「お花」よりも「たまご」ネタが長くなってしまった(汗。)スイマセン。

「もっとガンバレ、私。」
  ↓↓↓
 にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
こんなブログでも気に掛けていただき、応援をしてくださることに重ね重ね感謝いたします。
 
[PR]
by Aciu | 2013-02-26 11:58 | fleur | Trackback | Comments(0)

三寒四温

d0169261_11531718.jpg
市場で出会うお花たちは、すっかり春モード全開☆(既に、ヒマワリまで発見)
それなので気持ちもすっかり春気分なのですが、国内では積雪量の最高記録を更新した地域もあるみたいですね。
皆様は、大丈夫ですか?

私の暮らす地域では、週末から今日までは、ひんやりとした空気ではありますが日差しは、ポカポカと春めいています。
早く大好きな春がやって来ないかな~。
あ~、でも鼻水も全開になるなぁ~(><);
d0169261_1210173.jpg

三寒四温。
なんだか三寒チームの勢いの方が勝っている気がするのですが、
「ガンバレ!四温!」
って、なんだ(笑)

こんな記事でも許していただければ応援お願いしまーす!
「ガンバレ!私!」(笑)

  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-25 12:12 | fleur | Trackback | Comments(0)

ソラフラワーアレンジメント

d0169261_2422198.jpg
最近、沸々と人気上昇中のソラフラワーのアレンジメント。
私は、この白くて色んな形の集まりがたまらなく好きです(^^)
その延長で誕生したのが、オリジナルのホワイトリースだったりもします。(ちなみに、こちら
d0169261_25043100.jpg
ソラフラワーというお花は、プリザーブドフラワーよりも前から存在していた素材だと思うのですが、最近はアロマのディフューザーとして雑貨屋さんやインテリアショップ等で見かけることが増えてきたのが人気上昇の原因かな?なんて思っています。
d0169261_255560.jpg
そして、アチュウにご注文を下さる方には不思議な現象が…。

以前、オープンのお祝いにとご注文を頂いてお届させていただいた
バルコニーさんにあるアレンジを見て…。」というお客様からのご注文です。
2日続けてお電話を頂いた時には思わず
「バルコニーさんで、アチュウフェアとか行なわれていましたか?(笑)」とお聞きしてしまったほどの偶然でした。

プリザーブドアレンジと同様に、異素材(もしくは、たくさんのお色)をミックスしてアレンジを制作するのがあまり得意ではないのでソラフラワーのみでお作りしています。
(本当は、少しだけプリザーブドとドライも使用しているのですけれど^^;)
d0169261_3112451.jpg
そうそう、よく頂くご質問。
「ソラフラワーって、何ですか?」

ソラフラワーとは、タイ原産のソラの木(水田に生えてくる使い道のない困った木だそう)の皮を薄くむいて乾燥させた物を花びらの形にして、一つ一つ花の形に手作りで仕上げたもの。
つまり、人の手のかかった温かみのあるエコなお花なのです。

生花に、プリザに、アーティフィシャル、ソラフラワー、ドライフラワー・・・
お花屋さんの使用する素材はたくさんです。
参考になる組合せの発見が待っているこちらへGo~(^^)

  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-24 03:34 | ...etc | Trackback | Comments(0)

プリザーブドアレンジ*バブリーなイメージで

d0169261_17413886.jpg
この春、高校を卒業して進学のために東京での一人暮らしをすることになったNちゃん。
お世話になった塾の先生にお礼がしたいと、(アルバイトで得た収入で)プレゼントを…とご注文をいただきました。(18歳、ちゃんとしてます。^^)

ご希望のプリザーブドアレンジのサンプル写真を見ていただき、
「どんな感じがいいかなぁ~。」とお話していると、
「先生って、バブルな感じだからゴージャス系で…。」ということになりました。
そして、最も彼女のイメージに近かったお色がこのアレンジに使用したもの。

私が社会人になったときには、既に「バブルが弾けた」といわれていた頃で、翌年の就職活動をしていた後輩たちは「氷河期」と呼ばれていました。
だから全く想像が付かない時代なのですが、18歳の女子高生のイメージする「バブル」のイメージは、こんな感じなのね(^^)と微笑ましく思えました。
d0169261_1631265.jpg
季節的にでしょう、これから親元を離れて一人暮らしを始めるというお客様とお話をする機会が何度かありました。
希望も不安も胸いっぱいに抱えている彼女たちを見ていると、自分の経験を思い出します。

アベノミクス。。。すぐに弾けてしまう泡ならばいらないけれど、せめて、気持ちがふわりと弾み続けるシャボン玉くらいの世の中を彼女たちと共に過せたらと願います。

良い時代になるといいね♪
  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-23 16:50 | preserved | Trackback | Comments(0)

ラグジュアリーなプリザーブドアレンジ

d0169261_128323.jpg
お花を贈られる目的とお受取りになられる方のことをお知らせ下さり「お花の内容は、何も言わない方が良いものが出来るでしょうから…。」とご注文を下さったプリザーブドアレンジ。

こんな風にご信頼を下さることに心の底から感謝しています。
そうなると良いところを見せたいと、俄然張り切るアチュウです(^^)

まずは、「どんなお色にしようかな?」と、あれこれ考えて、お受取になられる方と同世代の方からのリサーチも試みました。
その結果は、ほぼ予想どうりでしたが、「本当に、無難で良いのか?」と何度も自分に問いただし、自分の感覚を信じることにしてみました。

いつもであれば「私だったら、どんなのを贈るだろう?」と考えることがほとんどですが、今回は「私だったら、どんなのが欲しいだろう?」と考えました。
そして、カタチになったアレンジです。
d0169261_2355259.jpg
こんなことを言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、プリザーブドフラワーの人気がこんなにも続くとは思っていませんでした。
昨年訪れたパリのお花屋さんでも、全くと言っていいくらい見かけることはありませんでしたし、そのまた2年前でさえもそうでした。
元々は、ヨーロッパの有名なフローリストが使用したことから広まったお花ですが、今となっては需要の多い日本で進化しているようにも思います。

アチュウのオープン以来、お客様からのご注文の割合の半分くらいがプリザーブドアレンジなのは、思ってもいないことでした。
時には、「生花も扱っていらっしゃるのね。」なんて言われることもあるくらい。(笑)

そうなってくると、プリザーブドアレンジに対するこだわりも生まれてきて、いくつか心に決めていることがあります。

そのひとつに、プリザーブドという素材に頼らないこと。というのがあります。
「プリザーブドフラワーは高価なもの。」という認識は、たくさんのお客様の中にもあることは感じているのですが、(正確には面積あたりの単価が高いということだと思う)その素材さえ一部に使用していればいいというものは作りたくないと思っています。
ただ、面積を広げる為に造花やソラフラワーや装飾品を多用しないこと。
これは、自分自身への挑戦でもあり、『プリザーブドアレンジ』という言葉に恥じないものを作るという私の中の決め事です。
色と質感と全体のバランスが整って違和感がないことこそが良いアレンジだと思うのです。
d0169261_2361214.jpg
このアレンジには、お色、質感とも最高級だと思うメーカーさんのものを贅沢に使用させていただきました。
「大きくなくてもいいので、質の良いものを…。」とおっしゃっていただいたからこそです。

プリザーブドフラワーには、まだまだ可能性がある!そう思えたアレンジでした。
「A先生、ありがとうございました。確定申告も頑張ります(^^);」

こちらの可能性も信じよう(^^)
  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-22 02:43 | preserved | Trackback | Comments(2)

こちらからも(^^)ミモザとパンジーで春を呼ぶ

d0169261_11301870.jpg
私の中の素敵なヲトナの女性代表のひとりでもあるverdirさん。
カッコいいのだけれど、ちょっとスキ(お茶目さ)のある雰囲気の女性に憧れます。

そんなverdirさんのブログを見ていると、昨日、お客様のご注文でお作りした(昨年、ミモザアレルギー?と自負したにも関わらず積極的果敢に束ねた)ブーケのレシピと同じでちょっと嬉しくなってこのブログを書いています。
(あっ、スパイは送り込んでいませんので。笑)

同じお花でもお色の違いや組み合わせるお花によって大人っぽくも、可愛らしくもなるのって凄いなぁ~ってお勉強になります。
あんな風に、洗練されたブーケを束ねることが出来るように少しずつ「大人の階段登る~♪」で、頑張ろう!と思いました。
d0169261_1150449.jpg
とはいえ、こちらのブーケは、産まれて初めてお家に帰る娘さんとお母さんに贈られるものでしたので、「はじめの一歩。」的ブーケかな?
ゆっくりと一緒に大人になりましょう(笑)

いつも応援をありがとうございます!
参考になるお花がいっぱいのこちらへGO~

  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-21 12:00 | fleur | Trackback | Comments(0)

宝物

d0169261_2235423.jpg
前回のブログに続いて、マリアージュつながりで…。

とはいえ、こちらのブーケは昨年の10月21日にご結婚をされたご新婦様のためにお作りさせていただいたアーティフィシャルのブーケです。
ここぞというタイミングでご紹介が出来るといいなぁと温めておいたお写真。
温めすぎそうなので、挙式から4ヶ月を迎えられる前日にご紹介をさせていただきます。
「Akoさん、お元気ですか?」

元々は、このブログをご覧下さっているとおっしゃるお母様からウエルカムリースとリングピローのご注文を頂いたのがきっかけでした。
その後、娘さんであるAkoさんがブログをご覧下さり「是非ともアチュウさんのブーケを持ちたい。」と、花屋冥利に尽きるご注文を下さいました。

それは、生花のブーケが一番!と思うAkoさんとアチュウの気持ちを裏返してまでもご注文を下さったアーティフィシャルのブーケ。
会場が大阪であることと、お手元に届いていなければいけないお時間を考えると2日前にお送りしなければならなかったから。

「本当に良いのかしら?」とプレッシャーを感じながらも、出来る限りのことをしようと心を込めてお作りさせていただいた記憶に残るブーケのひとつです。

挙式からしばらく経って、とても嬉しいメールとお写真をいただきました。
(ご承諾を下さいましたのでご紹介をさせていただきます)
d0169261_247822.jpg
『リースのお写真はいただいていたけど、他のアイテム達に式当日に会って見て、どれもこれもステキなものばかりですごく嬉しかったです。
ブーケも、ホテルの担当の方もメイクや衣装の方達にも、めちゃ評判が良かったし、ゲストの友人達にも「え!造花?!見えない!」と大好評でした。
贈答の品もかわいくて、希望通りで母も大喜びです。
ネットでの出会いとつながりって、不思議ですね。
アチュウさんにお願いして、本当に良かったです!』
d0169261_2542129.jpg
頂いたこのメールを何度読み返したか知れません。

一生に一度のお花を遠方のアチュウに託していただけたこと、
その幸せに寄り添えたこと、
そして、花屋としてではありますが出会いとつながりを感じれたこと。
それが私の花屋人生の宝物なのだと思うことが出来ました。
d0169261_31560.jpg
Akoさん、お許しを頂いていたのも関わらずかなりの時間差ですいません(^^);
ご結婚されて初めての冬、心はポカポカかな?
そして、初めての春も、夏も、幸せであり続けますように…。

ポチッ(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-20 03:11 | mariage | Trackback | Comments(0)

和婚☆

d0169261_1911868.jpg
時間の経過があまりに早すぎて、いろんな事にとり残されている感アリアリのアチュウです。

気が付けば1週間以上も前の出来事になってしまいましたが、地元府中市にある登録文化財「恋しき」さんで披露宴が行なわれました。
リニューアルオープン以来、初めての披露宴です。
(なのに、なのに。。。。お写真が全てピンボケという痛恨のミス。悲。)

いつもならば、ご新郎・ご新婦様の控え室にお邪魔させていただくことも多いのですが、この日主役のお二人はお寺のご住職様と奥様という立場でもおいででしたので、本当の邪魔になりそうで遠慮させていただきました。
ただ、遠くから拝見させていただいた白無垢姿の花嫁様はとても美しくて、なぜだか胸がキュンってしました。

その代わり、お打ち合わせの時には本当に和気藹々とお話をさせていただき、こんなに楽しいお二人のいらっしゃるお寺であれば檀家ではなくても、説教をいただきにあがりたいなぁ~とさえ思えました。
そんな素敵なお二人です。

至らないお写真ですが記念にUPしておきたいと思います(汗)
d0169261_1920987.jpg
お花のリクエストは、赤・白・黒・ゴールドで、松竹梅と水引を使用してほしいというご依頼でした。
d0169261_19215348.jpg
少し前に、黒い石と水引で内職…と綴ったことがあるのですがこの披露宴に使用する小物を作る為でした。
格闘すること200個。
当日、この石ころのことを話題にして下さった方がいらっしゃったのでコツコツが報われた思いでした。

リニューアル後、初の「恋しき」さんでの披露宴の納品でしたが、今までよりもモダンな感じが加わってとても素敵な空間での披露宴でした。

「当日までのお楽しみ。」と、花嫁さんの衣装を知らなかったご新郎様。
ご感想はいかがでしたか?
もちろん答えは承知いたしておりますけれど…。(^^)

末永くお幸せに、そして、たくさんの方を幸せに導いてくださいね!
「おめでとうございます。」

せ~の、ポチッ(^^)
  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
[PR]
by Aciu | 2013-02-19 19:36 | mariage | Trackback | Comments(0)