ブログトップ

Fleur de Aciu.

fleuraciu.exblog.jp

おばあちゃんの育てたお花と、甘ーい考え。

d0169261_1764479.jpg
先日の我が家での友人たちとのBBQ。子供たちも一緒ということで、いつも悩んで(そんなには悩んでないけれど…笑)しまうことがあります。
我が家には、子供がいないのでおもちゃやゲームなどの遊具が一切ないということ。
大人がゆっくりとしようと思えば、子供たちの気を紛らすものが必要?とか思ってみたり…。

そこで、思いついたのが2歳の女の子から中学1年生男子までを巻き込んで「夏休み企画☆お花のアレンジ教室」なんて開いたりして、私が一手に引き受けましょう!!的な安易な考え。汗。。。
そこで、午前中にお墓参りを兼ねて行ったダンナマンのおばあちゃんが畑で育てたマリーゴールドと百日草、オミナエシ、ミントの葉をもらって帰りました。

まっ、集まって5分もしないうちに「私には、ムリッ(笑)」と早めの判断を下しましたけれど…(爆)

「喜んでくれるかな~。」なんて思っていたメインの小学高学年の女の子二人。
このお姉さん二人が小さな子供たちの面倒を見てくれて、手持ち無沙汰どころか…大忙しな様子でした。

と、言うことでお店のキーパーの中にはおばあちゃんの大切に育てたお花が…。
オフモードからお仕事モードへと切り替えるべく、ブーケなんぞ作ってみました。
「おばあちゃん、とっても綺麗な状態だったので素敵に出来たよー☆」
私しか見ないのが残念なくらいです。
お庭や自然にあるお花でアレンジを作るときには、主役のお花を決めてあれもこれもと欲張らなければ案外オシャレ~に仕上がりますよ!!(と、ここでなぜかアレンジ教室!?)

d0169261_18352750.jpg
ちなみに、昨年パリでデモストレーションを見学したヴァンソン・レサール氏から学んだこと。
素敵だと思う花材は、市場からの仕入れのみならず、自ら野山へ足を運んで見つけること。
自然から得られるエネルギーやアイデアはブーケやアレンジを何倍にも素敵にするということ。
つまり、「作っている本人が楽しくなくっちゃ♪」ということです。
数いるパリのフローリストの中でも、(珍しく!?)繊細で、それでいて大胆で美しいお花を作るフローリストだと私は思っています。
そんな、ヴァンソン氏が8月20日21:30からのNHK「スーパーフラワーレッスン」に登場予定。
どうか、彼の良さがうんと伝わる映像でありますように…(この意味、分かる人には分かるよね。)


ちょっと意地になっているブログ☆(分かる人には、分かるよね。)
そんなこんなで、応援のクリックをいただければ嬉しいです(^^)/

  ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村

携帯電話からのポチッも大変嬉しいことであります☆
  ↓↓↓
フラワーアレンジメントランキング


ここからの声が届くかなぁ?
「T様、本日シビレルようなお手紙と大切なカードが届きました。喜んでいただけるように心を込めてお作りさせていただきます。」
[PR]
by Aciu | 2011-08-17 19:21 | fleur | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fleuraciu.exblog.jp/tb/14366767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おばあちゃんの育てたお花と、強... ヤマゴボウ >>